N.Yトレンド講習に行ってきました!

こんにちは。ひらのです。

先日N.Yで25年間、VOGUEなどの雑誌に載っているモデルさんのヘアの仕事をしている海野学(うんのまなぶ)さんのトレンド講習会に参加してきました。
ケイト・モス、マドンナなど・・超有名人のヘアをされていて、時には自宅まで行くこともあるそうです。
会場は満席です。

世界中の人々に通用して初めてN.Yのトレンドが作り上げられます。
海野さんが日本からN.Yに来て、その感覚をつかむまでは10年かかったそうです。

今でもわからないことはたくさんあるとおっしゃってました。

そんな海野さんのファッションに対する考え方やヘアの作り方は今の私にとってとても刺激的なものでした。

雑誌の撮影の鉄則はチェンジできるスタイル。
ナチュラルで無造作な質感作り。です
根元にしっかりボリュームを出す作業を細かくしていきます。

  

そうすると下に並んでるようなスタイルができあがります。
このルーズなカール感。
これって、簡単なようですごく難しいんです。

細かい逆毛を中にたくさん立ててるんですよ。

  

とっても上品でエレガントです。

多種多様な髪質が人種によって分かれます。
ものすごく細い猫っ毛の人や剛毛な人。
同じようにやっても駄目なんですね。

  

実際に触ってみると、あんなに入念に作りこんでいたはずなのにサラサラでびっくりです。
このサラサラ感が大切なんです。
ベタベタにしたあとに、もしイメージと違って作り直すことになったり、スタイルチェンジする時に応用がきかなくなることはタブーです。

   

次はN.Yで流行しているパーティーヘアーをみせてもらいました。
  

これは別荘でパーティーをするときのおしゃれで湿気に耐えられるヘアスタイルです。
スカーフの見え方をうまいこと表現されています。

  

こちらはモードなパーティスタイルです。

ジェルでべたーっとまとめて毛先はドライな質感で仕上げます。
このギャップが超モードです。

ジェルをチューブの半分くらいつけている海野さん。
バックから「おぉ~」と思わず驚きの声が。
海野さんとても真剣な顔つきです。

  

こちらのスタイルは一本に三つ編みをしてそれをまとめたパーティーアップです。
見えにくいですがヘアバンドがポイントになっています。

   

みなさんとってもセレブリティーです。
ひらりんもこんな感じに目指してみようかしら・・。

その人の素材を生かしたスタイルは絶対です。
シンプルにかつ下準備は念入りに作りこんで質感をなにより重視しているという印象でした。

  

最後に記念に海野さんと写真を撮ってもらいました。
とても個性的な方で、昔のロック歌手と同じ髪型にしてるんだと得意気におっしゃってました。
あら・・?
横に並ぶと私の髪型もロック歌手に負けてないかも・・?
 

飾りすぎず、素材を最大限に生かしたスタイル。
でもベースはしっかり作りこみ、つや、ドライ、動き等の質感を表現する。
スタイルを作る上で大きなテーマです。
その大切さを強く感じます。年齢とともに・・。
またお仕事が楽しくなってきました。


2015-05-27 | Posted in News&Blog, Beauty, yuriko's-blogComments Closed 

関連記事